女性

依頼者の管理

弁護士バッチ

依頼者の効率的な管理

弁護士として仕事をしていると、依頼者が増えてくるに従って、どのように依頼者の案件を管理すれば良いのか分からなくなってしまいます。依頼者がどういった内容の相談をしてきたのかをきっちりと把握することが仕事をスムーズに進める上で重要なことになります。案件が増えれば増えるほどにITシステムを使って、依頼者の管理をする必要があるでしょう。ITシステムを提供する会社は複数ありますので、費用や機能面などを企画し、どのシステムを導入すれば最も効率が良いのかを比べてください。もちろんコスト面が最重要になりますが、アフターケアを行ってくれる企業のシステムを選んでください。もし何かトラブルが発生したとしても、ケアが充実していれば業務に支障をきたすことがありません。

機能のカスタマイズ

弁護士事務所が導入するITシステムはカスタマイズ可能なものにしておいてください。カスタマイズができるものであれば、弁護士事務所の依頼者管理が効率的に行えるのです。システムを導入した当時のままカスタマイズできないものではなく、都合に合わせて変更できるものにしてください。そして、提供会社の担当者が、カスタマイズのヒアリングを定期的に行ってくれるものが最善です。弁護士業務をコンサルティングしてくれるシステム提供会社との提携をおすすめします。弁護士はシステムの管理にとらわれることなく、弁護士業務に専念することが必要です。したがって、システム面の管理については提供会社に任せられるようにしましょう。