女性

支社とのやり取り

会議

支社との会議

全国に支社がある会社の場合、本社と支社間の会議が頻繁に行われます。社員同士の意思の疎通を円滑にするためにも会議が必要ですし、経営判断の浸透にも会議が必要不可欠なのです。しかしながら、遠距離にある支社の場合、会議をどのように行えばいいのかが問題となります。一か所に社員を集めることが非効率なことがあるのです。たとえば、東京の本社に社員を集めるとなると、会議ごとに莫大な交通費がかかってしまうのです。そこで、テレビ会議を利用することによって、迅速で経済的な会議運営が可能となります。テレビ会議は、インターネット回線を使って本社と支社の間を結びます。複数の支社とのやり取りが一度にできるため、非常に便利なのです。

会議システム

テレビ会議を実施するためには、テレビモニターやインターネット回線が必要となります。大規模は会議システムを導入することによって、安定的な会議運営をすることができます。もちろん、自前のシステムを使ってもテレビ会議を行えます。しかし、おすすめは通信会社のシステムを導入することです。自前のシステムを使うと、トラブルが起きたときに対応することが難しくなるからです。その一方、通信会社が提供する会議システムを使えば、回線トラブルを心配しなくてよくなります。その理由として、通信会社は常にシステムのメンテナンスを行っているからです。大事な会議であればあるほど、通信会社のテレビ会議システムを利用したほうがいいでしょう。