IT

ITで変わる会議の方法

ミーティング

ITはビジネスの中で重要なものになり、各種資料もITを利用したツールで作成することが多くなってきています。こうした場合資料作成をWEBを使って共有しながら作成することで、チェックなどの時間を削減することができるのです。これはWEB会議と呼ばれる仕組みを利用することになるのですが、資料やアプリを共有することを利用するのです。資料を共有することができるので、同じ資料を見て議論しながら作成することができるので、短期間に質の高い資料を作成できるのです。こうして関係者で共同で作ることで、各関係者の貴重な工数を削減することにもつながるので、とても有効な方法です。このようにWEB会議の特徴をうまく使うことで、資料作成もより良いものをつくることができるようになるのです。

WEB会議システムは、簡単に資料共有やアプリケーションの共同利用が可能になるので、人気を集めています。それ以外の人気の秘密としては、パソコンにヘッドセットなどを接続することで、簡単に音声で会議ができるという点も挙げられます。音声で聞き取りながら、画面共有できますので、関係者で集まって会議をしているような感覚を得ることができるのです。もちろんこのことは、専用の会議室を用意することもないことを意味しますので、会議室スペースの削減にもつながります。またWEB会議は一般的なインターネット上の技術を使うので、遠隔地でも簡単に会議に参加できることも人気の理由です。このようにWEB会議は、大きな工数のかかる会議自体を手軽なものにする仕組みとして、人気を集めているのです。

支社とのやり取り

会議

本社と支社を結んで会議をするためには、テレビ会議システムを導入しましょう。テレビモニターとインターネット回線があれば、テレビ会議を実施することができます。より安定的な会議運営をするときは、通信会社が提供するシステムを使ってください。

More...

依頼者の管理

弁護士バッチ

弁護士事務所の業務を効率化するためには、ITシステムの導入が必要不可欠となります。カスタマイズ可能なシステムを提供してくれる会社と提携するようにしましょう。そうすれば、より効率的な顧客管理を行えます。

More...